Month: December 2018

Thanks for coming “musica universalis”

先日は静かの基地コンサート「Musica Universalis」お越しいただきありがとうございました。

日の入り開演、徐々に窓の外が闇に染まる宵の移ろいを感じながらピアノを弾くひととき。会場のカフェLiltだからこそ感じられるものだったと思います。

今年のコンサートはこれでおしまい。
来年は演奏の機会も増えてくると思います。

ちなみに、コンサートでギターを弾いたのはおそらく黒澤さんとデュオをやっていた頃以来なので7年振りくらいです。まだまだ修行不足、鈍った腕はすぐには戻りません。再びギターをはじめた動機は、おそらく音色に対して私が寛容になることができたから。

(目下のテーマは「移ろい」です)

biotope 「ハタチ基金」チャリティーコンサート8年間の作品集リリースに寄せて

”作曲家・高柳寛樹が「ハタチ基金」チャリティーコンサートのために作曲した8年間8曲をフルオケ、フルバンドで音楽監督・田中慎太郎が編曲したCDアルバムです。2018年12月15日に発売。収益の一部は「ハタチ基金」の活動のためにアロワナエンターテイメントから寄付されます。”

ハタチ基金は、被災地の子どもたちに寄り添い20年間継続的に支援する基金です。毎年チャリティーコンサートを行なっていた高柳氏の楽曲を編曲、一枚のアルバムにまとめました。

高柳さんから「ハタチ基金」のために作曲した曲をアルバムにしたいと編曲のお話をいただいたのは去年の冬頃でした。それから、およそ1年かけてじっくり作ったアルバムが発売になりました。

https://arowanax.thebase.in/items/15734405?fbclid=IwAR2IsvMT2rXBy1c_6gxY2hdJVO2WWUqVsip_j9Iixv_eIrlCjccqU8FCZt8
CDはこちらからお買い求めいただけます。

https://itunes.apple.com/jp/album/biotope/1444881366?l=jp
iTunesでも配信しています。google playやAWA、apple musicでも視聴可能です。

(ただ、できればフィジカルをお買い求めいただけると嬉しいです。笑)

先日のチャリティーコンサートも盛況のうちに終わり、すこしだけご挨拶のため登壇させていただきました。

チャリティーコンサートの被災地の現状報告として印象深かったのは、今年の小学校一年生の子どもたちは震災後に生まれたという話。

震災直後に生まれた環境が影響しているのか、現場の先生からは揃って落ち着きのなさを指摘されるそうです。

継続的支援のためにハタチ基金のこともあわせて知っていただければと思います。

musica universalis

12月16日、吉祥寺のカフェLiltにて静かの基地のコンサートがあります。

musica universalisとは「天球の音楽」のこと。
古代ギリシアでは、宇宙が音楽を奏でており、しかし人間の耳には聴こえないとされる考え方がありました。

吉祥寺のバー、Liltはアップライトピアノとウーリッツァーのある素敵なカフェです。人前で演奏する機会の少ない私たちですが、今回はまったく新しい試みになるはずです。

さて、オープンは16時。
開演は日の入りを予定しています。
(予報では16:30頃とのこと)

「Musica universalis」
◇ 12/16(日)開場:16:00/開演:日の入り
◇ 吉祥寺 Lilt(http://lilt.tokyo)
◇ 2,000円(+ 1 drink order)
http://lilt.tokyo/?fbclid=IwAR3bmRAIMu6RyEnYFKMPPV4Hk-Z2oGruvkUTjRsz7LlspKWCpHNQ9LW5p2I

フライヤーのデザインは若林哲博さん(http://www.isoparm.biz)
木炭で描いていただきました。若林さんのように「かわいい」や「きれい」だけではない、その奥にある種の凛とした厳しさがみえるような、そんな音楽が書けたらと思っています。。

12月は西荻窪のヨロコビto Galleryでクリスマスに関連した展示もあるようです。よろしければチェックしてみてください。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén