先日、鳥がテーマのグループ展を観に恵比寿のギャラリーまぁるへ。

(またしても筆が遅く、先週末までの会期でした・・・)

ガラス絵や版画など様々な方法で色とりどりの鳥が表現されていて、中でも印象深かったのはトリノコさんのヨガするハト。

バターミルクペイントという自然塗料、はじめて見たのですが非常に優しい色彩でした。

その後、秋めいた風に誘われて恵比寿からゆっくり表参道まで歩き、malamuteの展示会へ。

ニットの質感がどことなくバターミルクペイントにも通い合うように思いました。そういえば、malamuteのデザイナー小高さんは静かの基地のライブにお越しいただいたこともあるそう。バターミルクペイントやニットのような、やわらかいピアノが弾けないものか、とぼんやり考えるのです。

繊細で綺麗なひと、ものに触れた1日のこと。