”作曲家・高柳寛樹が「ハタチ基金」チャリティーコンサートのために作曲した8年間8曲をフルオケ、フルバンドで音楽監督・田中慎太郎が編曲したCDアルバムです。2018年12月15日に発売。収益の一部は「ハタチ基金」の活動のためにアロワナエンターテイメントから寄付されます。”

ハタチ基金は、被災地の子どもたちに寄り添い20年間継続的に支援する基金です。毎年チャリティーコンサートを行なっていた高柳氏の楽曲を編曲、一枚のアルバムにまとめました。

高柳さんから「ハタチ基金」のために作曲した曲をアルバムにしたいと編曲のお話をいただいたのは去年の冬頃でした。それから、およそ1年かけてじっくり作ったアルバムが発売になりました。

https://arowanax.thebase.in/items/15734405?fbclid=IwAR2IsvMT2rXBy1c_6gxY2hdJVO2WWUqVsip_j9Iixv_eIrlCjccqU8FCZt8
CDはこちらからお買い求めいただけます。

https://itunes.apple.com/jp/album/biotope/1444881366?l=jp
iTunesでも配信しています。google playやAWA、apple musicでも視聴可能です。

(ただ、できればフィジカルをお買い求めいただけると嬉しいです。笑)

先日のチャリティーコンサートも盛況のうちに終わり、すこしだけご挨拶のため登壇させていただきました。

チャリティーコンサートの被災地の現状報告として印象深かったのは、今年の小学校一年生の子どもたちは震災後に生まれたという話。

震災直後に生まれた環境が影響しているのか、現場の先生からは揃って落ち着きのなさを指摘されるそうです。

継続的支援のためにハタチ基金のこともあわせて知っていただければと思います。