先日、友人の結婚式に参列した。Aくん、Kさん、心よりお祝い申し上げます!

これは式とは直接関わりのない会場の進行役の方のことなのだが、ファーストバイトの解説はそろそろ御役御免なのではないか。新郎から新婦へ「一生食べるものに困らせない」。新婦から新郎へは「一生美味しいごはんを食べさせる」。

これがロマンチックだとでも言うのか。

目くじら立てるほどのことでもないが、瑣末なこととも思えない。旧弊なままだよなあ、という違和感。