待宵の宴から一夜明けて

先日は飯島はるかちゃんをお招きして、満月カルテットのライブ「待宵の宴」でした。お越しいただいたお客さま、bar toiletの武さん、それから行けなかったけど気になっていたよ、というみなさまへ、ありがとうございました。

はるかちゃんの歌が素敵なのは言うまでもなく、toiletのインティメイトな空間と美味しいお酒(特に胡椒を漬け込んである?ウイスキーが好きで、純胡椒なんか好きな方にはぜひ飲んでみてほしいです)それに暖かいお客さまの眼差しなどすべてが良い夜を構成していました。

満月の夜の三部作を演奏したときの、美しい何かに包まれて非日常へダイブする感覚を、少しでも観てくださった方と共有できていたら嬉しいです。こういう素敵な夜を少しずつ積み重ねていきたいな。